「賃貸併用住宅」で成功した不動産投資家

でもそこには長い年月をかけての努力があった

次に紹介するのはSE大家たくちゃんさんという方が書いている「不動産投資家ブログ」です。
ブログタイトルは「現役システムエンジニアが発信するデジタル不動産投資講座」です。
ブログのタイトルを読んでいただくとお分かりの通り、SE大家たくちゃんさんは、現役のシステムエンジニアとして活躍されています。
しかしながらSE大家たくちゃんさんの行う副業で得られる収入は本業の収入を大きく超えるもので、なんと7億2千万円にものぼります。
「不動産投資」だけでなく、様々な副業に興味をお持ちの方にも見ていただきたい「不動産投資家ブログ」です。

SE大家たくちゃんさんが不動産投資に興味を持ったきっかけはロバートキヨサキ氏の「金持ち父さん、貧乏父さん」でした。
著書の中の「転職して年収が100万円増えても所得税が20%上がるだけだ。
」という記述を見つけ愕然とします。
そんな時、知人から不動産投資家が集まる会への参加を誘われます。
その際にまったく投資手法の異なる2人の不動産投資家の著書を勧められ、その本を読破するのです。

1冊の本は現金でボロ物件を購入していくというスタイルの本で、もう1冊はレバレッジを利用して、不動産物件を購入していくという投資スタイルの本でした。
不動産投資には様々な手法があるのだということを知ったSE大家たくちゃんさんは、自分に合った投資手法は何だろうと考え始めます。

そして3年間という時間をかけて書籍を読んだり、セミナーや不動産投資家の集まりに参加し、研鑽を積み重ね、「賃貸併用住宅」という答えにたどり着きます。
「賃貸併用住宅のメリット」である住宅ローンが使えること、返済期間が長く融資がおりやすいこと、自己資金が少なくても大丈夫であることなどを生かして、2009年神奈川県相模原市に「賃貸併用住宅」を4480万円で新築されます。

一般的にアパートローンの場合、その金利は4.5%にもなりますが、「賃貸併用住宅」であれば住宅ローン金利が使えるので、わずか1.275%で資金調達をすることが可能だったのです。
この「金利差」は長い目で見ると大きな差になります。
また将来的に売却をする際にも、買主もまた「住宅ローン」が使用できることから「手離れのいい物件」であるとも言えます。
それだけでなく「住宅ローン減税」の恩恵にもあずかることができます。
「賃貸併用住宅」に興味を持っている方にぜひ読んでもらいたい「不動産投資家ブログ」です。