すでに不動産投資をしている人にも参考になるブログ!

失敗談から、気をつけたいポイントが分かるかもしれませんね。

次に御紹介するのは黄金ガールさんという女性の「不動産投資家ブログ」です。
タイトルは「黄金ガールのなんてったって不動産が好き!」です。
この「不動産投資家ブログ」の主人公である黄金ガールさんは、御主人と娘さんの3人家族でした。
独身時代は弦楽器の輸入販売などを手掛けていましたが、結婚後は御主人の商売を手伝っていました。

ところが2001年、何年か前から体の不調を訴えていた御主人が病院へ行ったところ「脊髄小脳変性症」という重大な病気であることが判明します。
御主人の病状はあっという間に進行し「要介護度5」という要介護状態の中で一番重い状態になってしまいます。
住宅ローンの返済は終わっていたものの、寝たきり状態の御主人と当時4歳の娘さんの生活が黄金ガールさんの肩にずっしりとのしかかってきてしまったのです。

残念なことにこれといった「資格」などは持っていなかった黄金ガールさん。
一家の大黒柱として、生活費を稼ぎだす必要がある一方で「母親」として、幼稚園から帰ってきた娘さんに「お帰り」を言ってあげたいという気持ちもあり、娘さんの帰宅時間に働く必要のない「朝刊の新聞配達」の仕事を始めます。
その後無事、御主人の難病認定もなされ、障害者年金が受給できるようになり、一家の生活は細々ではあるものの安定します。

そんな折、図書館で一冊の本に出会います。
それはロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」でした。
「こんな不動産投資がしたい。」と思った黄金ガールさん。
反対する御主人の説得をいったん横に置き、まずは種銭を貯めるために奔走します。

手芸が好きだった黄金ガールさんは幼稚園用のバッグやポーチをヤフオクで販売するようになります。
そのうち「お受験ブティック」と呼ばれる有名私立幼稚園や小学校の受験生が多く訪れるお店を見つけ、そこに自分の作品を置いてもらうことに成功します。
それだけでなく自宅にある不用品や虫食いの着物を良い部分だけ切り取って「ハギレ」としてオークションで販売するなどして、順調に不動産購入資金を貯めました。

その後、古くから付き合いのあった税理士さんに相談し、ついに任意売却物件を買うことに成功します。
RCの一棟ものを手に入れた黄金ガールさんは、その後も順調に戸建てや区分マンション、木造アパートなども手に入れ、現在の毎月の家賃収入は100万円にもなるそうです。
こちらの「不動産投資家ブログ」は、失敗談なども赤裸々に綴ってありますので、これから不動産投資を始めたい人も、すでに大家さんである人も、どちらでも参考になることでしょう。