不動産投資家は失敗は次で取り返せ!

失敗してもめげるな

次に紹介するのは埼玉swallowsさんという方が書いている「不動産投資家ブログ」です。
ブログタイトルは「埼玉swallows地方と首都圏への投資」です。
埼玉swallowsさんという名前の由来は、埼玉県在住でスワローズファンだからだそうです。

現在も某メーカーに勤務しているサラリーマンである埼玉swallowsさんは、不動産投資を行う前に「副業」として宅配事業を計画し300万円を投じるものの本格的な事業開始の前に「副業」にかけられる時間がほとんどないことに気付き事業継続を断念します。
この失敗によって「時間のとられるビジネスはサラリーマンをやりながら行うのは不可能だ。」ということを痛感した埼玉swallowsさん、今度は競売物件で不動産投資を行う方の書籍などを読み「不動産投資」に興味をもち始めます。

勉強をしながら2004年より競売物件に入札を始め、ついに2005年、群馬県の区分マンションを350万円で落札します。
ところが物件はキレイなものの、駐車場がないためまったく入居者が現れません。
これは労力に見合わないとすぐに見切りをつけ、購入後わずか半年で280万円の売却を決意します。
結果だけを見ますと70万円の損失ということになりますが、この失敗によって地方物件や区分マンションのリスクについて学ぶことになり、その後は一棟ものを探し始めます。

次に購入したのは横須賀市の1R×5戸の築20年の木造アパートでした。
1000万円台前半で買えるのに利回りは16%と高く、キッチンなどがリフォーム済みだったことから外観などに80万円を投じてリフォームし、草がぼうぼうと生えていた庭は自らがきれいにしました。
すると3か月で空室が埋まり、満室を達成することができました。
その後も順調に物件を増やし、現在は4棟38戸を自主管理されています。
管理する物件の中には遠方の物件が多くあり、ブログの中では、遠方物件の管理のコツなども書かれています。

また中古物件を購入する際の埼玉swallowsさんなりの指標と言いますか、気をつけるべき着眼点についてもあますところなく書かれています。
特に「サラリーマンをしていて尚且つ遠方物件を自主管理している方」にはぜひ読んでいただきたい「不動産投資家ブログ」と言えます。
物件を持ってもサラリーマンを卒業する予定はないという方におすすめの「不動産投資家ブログ」です。